脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは?

主な症状

痛み、痺れ、間欠性跛行

脊柱管狭窄症の症状で多いのは

歩いていてしばらくすると脚に痺れや痛みが出てきて歩きにくくなってしまいます。

その症状は休むと良くなり、また歩けたり・腰を前にかがんで歩くと良くなるといった特徴があります。

これを間欠性跛行といいます。

主な症状

1.間欠性跛行

2.お尻から足にかけての痛み

3.脚のしびれや異常な感覚

4.腰の痛み

5.頻尿、残尿、失禁などの排尿排便障害

6.脚の脱力感

また特徴として、座っている時はあまり痛みや痺れの症状は出ません。

立った状態や歩いていると症状がでます。

なぜかというと、座ったり、腰を前に屈んでいる状態よりも、立ったときや腰が後ろに反ったときの方が脊柱管が圧迫されるためです。

AKS療法で根本改善

薬には頼らない

ただのマッサージではない

AKS療法は脊柱管狭窄症の傷みに対して、 理学療法による運動機能の回復を目的としたマッサージ によってケアを行う技術です。 AKSという名称は以下の英単語の頭文字をつなげてつくられています。 このようにAKSでは人体の仕組みと運動について、科学的な裏付けを取りながら障害の原因を捉えます。 そして関節⇒筋肉⇒神経の順で原因を突き詰めて、施術者による手技によって、 人が持つ本来の機能の回復を目指す のです。 脊柱管狭窄症へのAKS療法では以下のような療法が用いられます。 ⇒脊柱管狭窄症の動作時の痛みをケアします。 ⇒脊柱管狭窄症による神経症状をケアします。 

Access

お仕事帰りでも通いやすい駅近にある通いやすさが好評の施術院を運営しています

概要

店舗名 1room整体院
住所 東京都板橋区成増1丁目23−19 クロスロード a室
電話番号 03-4500-7251
営業時間 9:00~20:00
土曜9時から15時
祝日は不定休
定休日
ご予約 ネット予約はコチラから

アクセス

地下鉄成増駅から歩いてすぐのところにある、通いやすさがご好評いただいている施術院を運営しております。下赤塚・和光・光が丘・練馬・田柄にお住まいの患者様でも、通いやすい立地にある施術院を営んでいます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事